フレームが表示されない場合はこちらへ



【解答例】
1.一アマ2014年(平成26年)4月期(HZ604)A-9

1〔V〕/2〔mV〕=500〔倍〕
20log500=20log(1000/2)=20log1000-20log2=3×20log10-20×0.3=60-6=54

∴(3)54〔dB〕






【解答例】
2.一アマ2013年(平成25年)4月期(HZ504)A-20

16〔W〕/4〔W〕=4〔倍〕
10log4=10log22=2×10log2=20×0.3=6

∴(2)6〔dB〕






【解答例】
3.一アマ2013年(平成25年)4月期(HZ504)A-22

相対利得6〔dB〕の真数を算出
6/10=0.6=2×0.3=2log2=log22=log4
自由空間電界強度は、
E0=7√(GP)/d=7√(4×16)/20000=7×8/20000=0.0028=2.8〔mV/m〕
受信電界強度は、
E=E0×4πh1h2/(λd)=2.8×4π×20×10/(2×20000)=0.176〔mV/m〕=176〔μV/m〕

∴(2)176〔μV/m〕






【解答例】
4.一アマ2012年(平成24年)12月期(HZ412)A-12

14〔dB〕-1〔dB〕=13〔dB〕
電力だから13/10=1.3=1+0.3=log10+log2=log(10×2)=log20
10〔W〕×20〔倍〕=200〔W〕

∴(4)200〔W〕






【解答例】
5.一アマ2011年(平成23年)4月期(HZ304)A-8

2〔V〕/2〔mV〕=1000〔倍〕
電圧だから20log1000=20log103=3×20log10=3×20=60

∴(3)60〔dB〕






【解答例】
6.一アマ2010年(平成22年)8月期(HZ208)A-10

電力だから20/10=2=2log10=log102=log100
80〔mW〕×100〔倍〕=8.0〔W〕

∴(4)8.0〔W〕






【解答例】
7.一アマ2008年(平成20年)12月期(HZ012)A-20

利得12〔dB〕の真数を求める。
12/10=1.2=4×0.3=4×log2=log24=log16
2列2段のスタック配置であるから、16×4=64〔倍〕
10log64=10log26=6×10log2=6×10×0.3=18〔dB〕

∴(5)18〔dB〕






【解答例】
8. 一陸特2014年(平成26年)2月期(JZ62B)7

(4)1〔mV〕/1〔μV〕=1000〔倍〕
電圧だから、20log1000=20log103=3×20log10=3×20=60〔dB〕

∴(4)が誤り






【解答例】
9.一陸特2014年(平成26年)2月期(JZ62A)7

(1)電力だから、10log400=10log(22×102)=2×10log2+2×10log10=2×3+2×10=26〔dB〕
(2)電圧だから、6〔dB〕=20×0.3=20log2。最大値の1/2
(3)1〔W〕/1〔mW〕=1000〔倍〕。電力だから、10log1000=10log103=3×10log10=30〔dB〕
(4)1〔V〕/1〔μV〕=1000000〔倍〕。電圧だから、20log1000000=20log106=6×20log10=120〔dB〕
(5)5〔mV/m〕/1〔μV/m〕=5000〔倍〕。電圧だから、20log5000=20log(10000/2)=20log10000-20log2=20log104-20×0.3=4×20log10-6=80-6=74〔dB〕

∴(3)が正しい






【解答例】
10.一陸特2013年(平成25年)10月期(JZ50B)17

絶対利得は相対利得より2.15〔dB〕高い値である。
12.5+2.15=14.65〔dB〕

∴(2)14.65〔dB〕






【解答例】
11.一陸特2013年(平成25年)10月期(JZ50A)20

電力だから、13〔dB〕/10=1.3=1+0.3=log10+log2=log(10×2)=log20
E=7√(20×20)/d=1〔mV/m〕
d=140

∴(5)140〔km〕






【解答例】
12.一陸特2013年(平成25年)6月期(JZ56B)10

雑音指数であるから、3〔dB〕/10=0.3=log2
等価雑音電力Nr=kTBF
2.07×10-13=1.38×10-23×(27+273)×B×2
B=25000000

∴(2)25〔MHz〕






【解答例】
13.一陸特2013年(平成25年)2月期(JZ52B)11

NF=1+Te/To=1+2100/(27+273)=1+7=8
雑音指数だから、10log8=10log23=3×10log2=30×0.3=9

∴(1)9〔dB〕






【解答例】
14.一陸特2013年(平成24年)10月期(JZ40B)20

2〔W〕/1〔mW〕=2000〔倍〕
電力だから、10log2000=10log(2×103)=10log2+3×10log10=10×0.3+30×1=33〔dB〕
従って、+33-1-0.2×10+40-140+40-0.2×10-1=-33〔dB〕

∴(3)-33〔dBm〕






【解答例】
15.電験3種2000年(平成12年)理論 問7

増幅器1の出力電圧をVとすると、V/Vi=V/0.4〔mV〕=10〔倍〕。
よってV=4〔mV〕
ここでVo=0.4〔V〕であるから、Vo/V=0.4〔V〕/4〔mV〕=100〔倍〕
電圧であるから20log100=20log102=2×20log10=40×1=40〔dB〕

∴(3)40






【解答例】
16.電験3種1999年(平成11年)理論

入力側の電力はWi=Vi×Ii=0.2×40=8〔μW〕
出力側の電力はWo=Vo×Io=5×4=20〔mW〕
ここでWo/Wi=20〔mW〕/8〔μW〕=2500〔倍〕
電力だから10log2500=10log(52×102)=10log(5×10)2=2×10log(5×10)=20log5+20log10=20×0.699+20×1=13.98+20=33.98≒34〔dB〕

∴(3)34






【解答例】
17.電験3種1998年(平成10年)問13

入力側の電力はWi=Vi×Ii=0.2×40=8〔μW〕
出力側の電力はWo=Vo×Io=5×4=20〔mW〕
ここでWo/Wi=20〔mW〕/8〔μW〕=2500〔倍〕
電力だから10log2500=10log(52×102)=10log(5×10)2=2×10log(5×10)=20log5+20log10=20×0.699+20×1=13.98+20=33.98≒34〔dB〕

∴(3)34
























































inserted by FC2 system